B-Promotion

ブログでクチコミ B-Promotion

プロフィール

ぶぅちゃん@

Author:ぶぅちゃん@
氏名)ぶぅ
年齢)32
血液型)B 
趣味)食べ歩き・サバゲー・麻雀
職業)葬儀屋(三東メモリアルホールセリオ)

カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
QRコード
QRコード
FC2カウンター
FC2ブログランキング
ブロとも申請フォーム
小さな天気予報

-天気予報コム- -FC2-


スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


スポンサー広告 | 【--------(--) --:--:--】 | Trackback(-) | Comments(-)
葬儀のマナーや豆知識 ⑤
久しぶりに

「知ってるようで詳しくは知らない」
葬儀のマナー・豆知識です。



「葬儀は故人の成仏を祈り
告別式は故人との別れの式」




葬儀とは、遺族が故人の冥福を祈り
成仏することを願って営む儀式です。

一方で、葬儀はあとに残された者が
故人との別れをしっかりと見届ける
ものだとも考えられています。

また、葬儀は仏教では大切な儀式
のひとつです。
仏教では葬儀とは、故人が仏道を修める
ために、仏弟子として戒律を授けられる
授戒の儀式だからです。

また、浄土へ導く引導を渡すための儀式
でもあります。
なのでこの儀式は各宗派によって違いがあります。


告別式は故人の友人や知人が最後の別れを
する儀式です。
本来は葬儀に続いて会葬者全員で、遺骨を
墓地に埋葬する前の儀式でした。
最近では、一般の会葬者全員が火葬場まで
行くことがなく会葬者の焼香を中心に行われます。

このように本来は違う意味の儀式であるため
別々に行うものでしたが
最近では同時に行われます。







おまけ
DSC09412.jpg
眺めがいいなぁ







それでは皆様また次回

スポンサーサイト
葬儀のマナー | 【2007-10-07(Sun) 22:15:36】 | Trackback:(0) | Comments:(2)
葬儀のマナーや豆知識 ④
「知ってるようで詳しくは知らない」
葬儀のマナーについての第4弾です。


多少は役に立つと思いますので読んでみてください。

(下記記事は一般的に言われているなものなので、その地方や地域
で異なりますのでその地域の風習で良いと思います。)




「危篤、訃報をしらされたとき」




知らせを受けたらすぐに駆けつける

危篤の知らせを受けたら、まずはすぐに駆けつける。
危篤を知らされるということは、最後にひとめでも
会わせてあげたいという、家族の願いです。
ですので連絡を受けたら可能な限り、一刻も早く
駆けつける努力をすることが大切です。

服装は、そのとき着ているものでよいと思います
もし、遠方である場合は、そのまま滞在する
ことも考えられるので、喪服の準備をしていったほうが
よいです。ただし、家族の気持ちを考慮して
気づかれないようにしましょう。

訃報を受けて弔問するときは、亡くなった人が
近親者や親戚、友人や知人か会社の関係者かで
対応が違います。

近親者や親戚の場合は、すぐに弔問し、お悔やみを述べてから
何か手伝えることがあるかを申し出るとよいでしょう。
遺族にとって、近親者や親戚の手助けは心強いと思いますので
できる限り手伝いましょう。
服装も喪服である必要はないですが、あまり派手な
服装のときは、地味めのものに着替えて行きましょう。
とりあえず私服のままで駆けつけたときは
葬儀までに家族に喪服を持ってきてもらうようにしましょう。

友人や知人の場合もすぐに弔問しましょう。
服装も私服のままでよいと思います。
手伝えることとしては、家族は以外に個人の
友人や知人の連絡先がわからないことが多いので
連絡係などを引き受けるとよいと思います。
ですが、特に親密な交際でないときは、とりあえず
お悔やみを述べて、あらためて通夜か告別式に
参列するとよいと思います。

会社関係の場合は、個人的に行動することは避けましょう。
会社の方針に従って、組織の一員として行動しましょう。
家族ぐるみのつきあいがあり、個人的に手助けをしたい
場合は、上司などに報告したほうがよいでしょう。

隣近所の場合は、親しく近所づきあいをしてきたときは
すぐに弔問に行って手伝いを申し出ましょう
町内会などで仕切るときは、わりあてられた
自分の分担に従って行動しましょう。

報告を受けていないのに、押しかけるようなことは
さけましょう。遺族の迷惑にならないように。




こんなときも必ず対応する

慶事とかさなってしまった
時間の都合がつけば、両方とも出席してかまいません。
時間がどうしても重なってしまう場合は、弔問を優先しましょう。
ただし、2~3日中に身内の結婚式が迫っているときや
本人が妊娠中のときは、遠慮するほうがよいでしょう。
この場合は弔電を打つか、電話でお悔やみを述べるが
出席できない理由を事細かく説明する必要はありません。


事情があってどうしても行けない
訃報の知らせを受けても、受けた本人が病気であったり
高齢のため駆けつけることができない場合があります。
このときは、代理人をたてるか、弔電を打っておくとよいでしょう。
代理人は、個人と面識がなくてもよく、家族の誰かが行きましょう。
代理人は喪家を訪ねたら、お悔やみを述べ本人が来られない
。理由をきちんと伝えることが大切です。
弔電を打った場合は弔問できない理由を手紙に書いて
説明するとよいでしょう。


連絡を受けた本人が不在
海外旅行や海外出張、遠方への出張中で知らせを受けた本人
がいないときは、家族がすぐ本人に連絡を取ることが先決です
できるかぎり本人が葬儀に出席できるようにするが、
無理な場合は、家族の誰かが代理人として弔問しましょう。
そのあとで本人が帰ってきたら、必ず弔問するよにしましょう。
また、それでも長期にわたって留守にするときは
本人が出先からお悔やみの手紙を出して、出席できなかった
ことをお詫びするようにしましょう。




長々と書きましたが
暇だったら読んでみてください。






それでは皆様また次回






葬儀のマナー | 【2007-06-24(Sun) 22:29:53】 | Trackback:(0) | Comments:(4)
葬儀のマナーや豆知識 ③
知ってるようで詳しくは知らない
葬儀のマナーについての第3弾です。

多少は役に立つと思いますので読んでみてください。

下記記事は一般的に言われているなものなので、その地方や地域
で異なりますのでその地域の風習で良いと思います。




今回は「お悔やみの言葉、弔問のマナー②」です。




弔辞は飾るよりも心のままを言葉にする




故人と特に親しかった人は、葬儀や告別式で

弔辞を頼まれることがあります

この場合は苦手だからと断ったりせず

故人の供養の為にも快く引き受けましょう


弔辞は普通、2,3分で終わるぐらいでよいでしょう

内容は極端に故人をほめちぎるようなことをせず

素直に自分の気持ちを言葉にしましょう

故人の欠点や失敗談などは、遺族のきもちを

傷つけることになるので絶対に避けましょう


弔辞の内容のポイントは

故人が亡くなったことに対する自分の気持ち

故人との楽しい思い出

故人の経歴や功績、人柄をしのばせるエピソード

遺族へのお悔やみと励ましの言葉

安らかに眠って欲しいという願いの気持ち

などをまとめるとよいと思います


弔辞は大判の奉書紙や巻紙に筆で薄墨で書くのが正式ですが
最近では便せんにペン書きがほとんどです


個人を思って心を込めて、丁寧に書くことがだいじなのです










それでは皆様また次回



葬儀のマナー | 【2007-04-14(Sat) 01:03:52】 | Trackback:(0) | Comments:(8)
葬儀のマナーや豆知識 ②
知ってるようで詳しくは知らない
葬儀のマナーについての第2弾です。

多少は役に立つと思いますので読んでみてください。

下記記事は一般的に言われているなものなので、その地方や地域
で異なりますのでその地域の風習で良いと思います。



今回は「お悔やみの言葉、弔問のマナー①」です。


お悔やみは言葉少なく、声を抑えて

葬儀や告別式などに出席して、気をつけたいが
お悔やみの言葉や言葉遣いではないでしょうか?
一般的なお悔やみの言葉の例としては

このたびは、誠にご愁傷さまでございます
心からお悔やみ申し上げます


このたびのご不幸、誠にご愁傷のことと存じます

このたびの突然のご不幸、あまりのことでなんと
申し上げてよいのかわかりませんが、心からお悔やみ申し上げます


などがあります。

お悔やみの言葉は基本的に言葉は少なくし
声も抑えて述べるたほうがよいでしょう。

ただ聞き取りにくかったり、途切れがちになるのも
失礼にあたります。また遺族よりも取り乱したり
号泣しては、かえって相手を困らせることにまります
遺族の気持ちを思いやって挨拶するように
心がけることが大切です。

忌み言葉にも注意してうっかり、
ということがないようにしましょう。

気をつけたい忌み言葉
重ね重ね」「かえすがえす」「またまた
たびたび」「いろいろ」など繰り返す言葉は
不幸を繰り返すという意味で使わないようにしましょう
また繰り返しを連想させる
次に」「また」「追いかける
やがて」などの言葉も注意です。
死ぬ」「生存中」「自殺」「心中
というような生々しい言葉も厳禁です!
浮かばれない」「迷う」も仏教では要注意の言葉です

ふだんは何気なく遣っている言葉でも
忌み言葉にあたるものがあるので要注意ですね。




いかがでしたか?
僕にしてはまじめすぎましたかね?

まぁたまにはよいのではないでしょうか。







それでは皆様また次回




葬儀のマナー | 【2007-03-09(Fri) 22:54:46】 | Trackback:(0) | Comments:(6)
葬儀のマナーや豆知識 ①
今回は皆さんが「知ってるようで詳しくは知らない」
葬儀のマナーについて書いてみます。

多少は役に立つと思いますので読んでみてください。

下記記事は一般的に言われているなものなので、その地方や地域
で異なりますのでその地域の風習で良いと思います
。)



今回は「通夜に弔問する」時の豆知識とマナーです。

通夜は本来、家族や親しかった人々で営むもの


最近では昼間に行われる告別式よりも

仕事の都合などをつけやすいため

通夜に出席することが多くなっています。

また、通夜自体も「半通夜」といって

夜5~7時頃から1~2時間ほどで終わることが

主流になっています。

ですが本来、通夜は遺族やごく親しい人々が集まって

夜通しご遺体に付き添うものでした。

現在はあまりこだわる人も少なくなっていますが

やはり身内だけですませたいと考えてる人もいます

そのため、当然のように通夜に出席するのは

ひかえた方がよいでしょう。

通夜に出席するかどうが迷った場合には

遺族や世話人、担当の葬儀屋さんに

聞いてみるとよいでしょう。

日時や場所をきちんと告げられた場合は

参列しても良いでしょう。

そうでない場合や「身内ですませたい」と

言われたときは、遠慮すべきです。

告別式に出席できないために

通夜に出席した場合は退席する際に

告別式に出席できない事情を遺族に伝え

お詫びするとよいでしょう。





長々と書きましたがいかがでしょうか?
質問などがございましたらコメントへどうぞ(^^)


この先もこのような記事を書いていきますので
よろしくお願いします。



それでは皆様また次回



葬儀のマナー | 【2007-02-22(Thu) 19:19:10】 | Trackback:(0) | Comments:(6)
カテゴリー
月別アーカイブ
ブログ内検索


群馬の葬儀屋ではたらく専務のブログ

群馬の総合情報サイトGAM(ガム)
群馬の総合情報ポータルサイトGAM(ガム)

B-Promotion
体験型クチコミプロモーションサービス「B-Promotion」


RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。